読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々中途半端なアラツーサラリーマンが少しずつ人生をやり直していくブログ

ホワイト企業に入社したが、つまらなすぎて焦っている痛くて青臭いアラツーサラリーマン

本田圭佑をみて思うこと

本田圭佑のような意識の高さは発信するべきか?と疑問に思っている。

 

本田圭佑選手がこのところ不調である。

 

というか、これ以上調子が上向くことがあるのかと度々思う。

 

クラブでは出場機会がなく、代表では途中出場するのがやっと…

 

本田圭佑が不調なのは今に始まったことではない。2年ほど前から出場機会が減り、ゴールも減った。

 

にも関わらず不調期に入ると同時にミランに対して方針批判をした、なんてこともあった。

 

もちろん、人間だから不満はあるものだ。

 

しかし、意識が高い発言は自分自身と、その周りにしか言えないのではないか?と思った。

 

よくサラリーマンの世界では

 

「発言したければ偉くなれ」

 

と言われる。

 

本田圭佑オーストリアのサッカークラブを経営しているがゆえにクラブの方針には口を出したいのかもしれない。

 

選手としてもサラリーマンであれば最下層の人間にはもちろん、経営者であっても実績は未知数のような人間の言うことの耳を貸すだろうか?

 

ベテランとして経験値を還元する、みたいな考えもあるが、ミランほどのクラブなら、当然他クラブで優勝経験のある選手やCLで堂々たる活躍をした選手が重宝されるだろう。

 

 

長々と書いたが、言いたいのは発言できる領域は決まっているということ。

 

それを越えるとただの痛いヤツになる。

 

自戒を込めて。

 

 

以上、ご報告です。

 

 

 

その人になろうとするな!いいところを真似しろ!

私の悪い癖は

 

立派な人の言葉に触れると

「あぁどうせこの人のようにはなれないや」

と思ってしまう。

 

例えば

 

キラキラ系会社でバリバリ仕事してる人のインタビューを見ると「成長したい」「統括プロデューサーとして…」「立ち上げに参画」みたいなキラキラした文字が並ぶ。

 

あとは外資系会社で「利益○%アップ」みたいな。

 

はぁ。私はどう考えても

 

「その人たち」にはなれない。

なぜなら、インタビューを読んでいて今までの経歴を見ていると、まぁそうなるわな。キラキラするわな。と思う。

 

だから思うけど、キラキラする必要はない。

憧れる必要はない。

 

他の人のいいところはいいところと認めなくていい。認めると私の性格上、つらい。聞くな。自慢話みたいなことは、聞くな。

 

自分も真似してみよう。挑戦してみようと思うときだけ、読もう。他の人の人生なんて、クソだ

 

以上、ご報告です。

価値のある行動

Twitterで騒がれていたことがある。

 

某有名Twitter芸人のブログが終了してしまった。

 

突然のでき子供。

 

さてさてこれに対して

 

あっという間に反応し、ブログの安全な場所に移行したという方もいる。これが価値の高い行動。別に誰もやってくれとは言っていない。

 

会社でもすぐやれ、みたいなのは当たり前であるが、それよりもはるかに価値が高い。

 

やれるから頼むことは完全にやる側の意思は関係ない。わからんけどやってみようは最上級に価値が高い。

 

 

以上、ご報告になります。

昨日の失敗

おハローございます

 

タイトル通り、昨日ミスりました。

シンプルにいうと、彼女とのデートを失敗しました。そのための備忘録

 

失敗したのはメシの時。

 

とあるネットのモテ系情報から仕入れたメシ屋へ行った。

 

まぁTwitterなのだが。

 

そこで店員さんに「誰かですか?」と聞かれ、完全にしどろもどろになった。

 

「いいです、いいです」と言うだけ。情けない。

 

当然彼女からは何で言えないのか?と聞かれる。私に言えない人なの?と不信がられる。まぁそうだろ。Twitterで見せられない情報って何やねん、だろう。

 

まぁそれはそれとして

 

具体的にどんなアクションをすればよかったか考える。

 

1つはテキトーな名前を言って切り抜ける。「笹川さん」とか言っても出てこないはず。用心深い人ならTwitterみせて、と言うかもしれない。

 

もう1つは匿名の人を本当に見せる

→無害な情報者の人もいる。

 

そもそも論でTwitter仕入れたなどと言わないことが1番重要だよね。普通に食べログで出ててうまそう。みたいな

 

以上、ご報告です。

モテるということ

某日 俺は会社の同期とバーにいた。

 

スタンディングタイプのバーで

 

メンズが女子に話しかけてナンパが始まるスタイルだ。

 

なかなかいい女子がいない。

 

2時間近くいてもう帰ろうかと話していると

後ろに美人4人組が。

 

さすがに俺ら2人で4人を相手にする自信がなかった。

 

ムズムズしていると正面から年上のお兄さん2人が話しかけてきた。どうやら、目的は同じらしい。

 

しかし、とりあえず私はトイレにいった。そこで衝撃をうける。ターゲットの中の2人が我々の悪口を言っていた。

 

「見過ぎじゃね?」「何回見てんだよほんとキモい」俺に直接ではなかったから、俺ではないし、もしかしたら我々グループのことではないかもしれないがさすがにビビった。

 

席に戻るとあろうことかお兄さん2人と同期がトイレ組以外のターゲットと話初めていた。

 

私も合流して話をする。 

  

結論から言うと上でdisられまくっていた評価が覆った。

 

ターゲットはかなり美人で、リアルに高いキャバ嬢か何かかと思ったが全くもって違う。そう、女子大生であった。

 

どうやら、サークルで出会いつくしたため、他に顔を向けているとかなんとか。まぁそれはいい。

 

この話の主役は話しかけてきたお兄さんのうちの1人。

 

この男、超話がうまい。

 

聞き上手がいいと言うがこの男は話上手であり、聞き上手であった。

 

細かい点をあげる

・テンショクが俺より高い

・表情が豊か(俳優ばり)

ジェスチャーがアメリカ人のよう

・反応速度が速い

・食い気味に言うところ(主導権を握らせなあ)と、完全に話を聞くところで分けている

・誰にも当てはまるクエスチョンを出し、現状を悩ませる。そこで否定したり、肯定したり、他のケースを言う。これにより、また話したい、人生相談したい、となる。

 

お兄さんはITの営業という花形職種にも関わらずその話は一切していない。

 

基本である共通点を見つけ(今回は会社と大学が近い)、過去の活動、価値観の共有(わかる〜)をする。そして上にも書いた現状否定である。

 

某ユーチューバーナンパ師もこんな感じで話していたからあながち間違いではない。

 

社会人となると仕事の話が多いが

 

女子大生は仕事よりもこのやり方がヒットしますね。

 

 

以上、ご報告です。

 

 

 

 

 

やりたいことについて3

やりたいことをみつけるには

 

「目の前のことを頑張る」

 

これが大事だと言う人もいます。

 

ですが、ちょっとまってください。

 

あなたは野球部に入ってずっと球拾いしかしていなかったら…

 

あなたがずっと価値のない仕事しかしてなかったら…

 

納得できますか?

 

上記の場合

 

球拾い以外も練習する必要があります

 

価値のある仕事の準備もする必要があります

 

そして、野球がそもそも嫌いになったら

会社が嫌なら、上司を見ても希望が持てないなら

 

 

環境を変えるしかありません。

 

 

先をみてどうですか?

 

 

以上、報告です。

意識高い人の意見に染まるのはいいけど

多分一度はあると思う

 

自己啓発本にはまったり

起業家の人の言葉に共感したり

スポーツ選手の名言に共感したり

 

まぁ別に悪いことではないと思いますが

 

言葉だけ真似してたら

 

ただの「痛いヤツ」です。

 

まだ何もしていない人間が

例えば子供が、底辺職のサラリーマンが

起業家の言葉を真似したり共感しても

実際の行動が伴わないわけです。どういうことか?

 

 

例えば「自分の人生を生きろ」みたいな言葉を起業家が言うとしますね。

 

で、ここで底辺の人間は思います。

・その通り、俺は自分の人生を生きる

・そうは言っても中々ね…

・そういう考え方もあるのか、どういうことだろう?

 

など様々な考えが浮かびますね

 

ここで最悪なのは1番上の「俺は自分の人生を生きる」と感じて何も行動できないパターンです。行動して、自分の人生を生きるために愚直に努力するなら分かります。

 

が、上の考え方だけを発信し続けると

「え?お前ただの底辺サラリーマンやん?何したいの?」

となります。

 

偉人の名言等をパクってツイートしたりする輩がその展開です。なぜなら自分の経験を持って自分の言葉で喋ることができないからです。

 

また、自己啓発本は書いた人が1番旨味があると言うように、受け手は考え方のみインプットしてしまう可能性がある危険なツールでもあります。

 

その人がどういった経験からその考えに至ったのか、その方が重要です。

 

 

以上、ご報告になります。